09/02/17 ネット70の坂根が今期2勝目 秋のマッチ組合せが決定  
9月最初の週例会は人に優しいスターツ。マンギラオでの強化月間を終了し、さぞやアンダーパーの続出かと思われた。ところがこの日は満額2人を含む半数以上の11人が罰金となる異常事態に。マンギラオでのタッチが身に染み付いたのか、グリーン上で苦戦が強いられた。そんな中、この日も安定したプレーでグロス77をマークした慎太郎が調整ハンデ5でネット72の3位。2位はこの日は唯1人、30パットを切る29パットでグロス84、ネット71の橋本。そして優勝したのは橋本と同じハンデ13の坂根。橋本より1打少ないグロス83をマークしネット70。1月以来今期2勝目を挙げました。 いよいよ9月9日より秋のマッチがスタートします。予選通過者の中から康充・蔦木・フーの3名が本戦辞退となり、吉田・椛沢のフレッシュコンビがマッチ初参加、そして昔マッチの女王小川が繰り上がりで本戦出場が決定しました。優勝予想は9月9日午前6時45分締め切りです。お忘れなく!  
09/09/17 ネット72に4人が並び藤井が今期初優勝 秋のマッチ1回戦6試合  
北朝鮮建国記念日の週例会。降雨確立80%の中、1名の病欠を除く20名のアスリートゴルファーがタロフォフォに集まった。6インチルールが適用され、3ホール目から早くも傘を差すようになったが幸い雨足は弱く、一度も中断することなく競技は終了した。何とか罰金を免れるネット77に4人が並び、この日から本戦初参加の椛沢はネット73で5位発進。それより上位は同ネット72で4人が並んだ。4位は初めて120を切りグロス114の吉田。3位はグロス82、ネット69でぶっちぎりの優勝かと思われた貴之だが、6月の優勝の調整が残っており3位。2位は貴之と同グロス・同ネットで、INのスコアが1打少なかった長谷川。そして優勝したのはグロス81の藤井。ニアピン2個、バーディー3個の活躍で1年ぶりの優勝です。 ついに始まった3階建て秋のマッチ。さっそく初日から6試合が行われた。第1試合関根対松浦の同部屋対決は、終始リードを保った松浦が3&2で勝利。第2試合吉田対藤井は今大会最大のハンデ27を克服した藤井が4&3で勝利。第3試合は今大会人気ナンバー1、慎太郎対比嘉の注目の一戦。勝利目前の慎太郎が上がり2ホールでまさかの失速。最後に追いつかれ今大会から採用されたマッチングカード方式で9ホール3対2で比嘉が逆転勝利。1番人気がまさかの1回戦敗退となった。 第4試合は徹対貴之。元シングルの貴之にハンデ1をあげる羽目になった徹は、この日不覚にも朝寝坊。試合には十分間に合ったがゲームが始まっても普段のリズムを取り戻すことができず、5&4で貴之が圧勝。第5試合亀井対金渕。いつの間にか亀井からもハンデをもらうようになった金渕はそれでも前半はリードを許す。しかし後半は1ホールしか落とさず3&2で勝利。最後は多香子対鳥越。雨に弱い多香子は4ダウンまでリードされ、そのまま棄権かと思われた。ところが11番からまさかの連続4アップでイーブンに戻すと、そのあとは焦った鳥越が自滅。本当はまだ勝負は着いてないのに、2&1の誤申告で鳥越が敗退した。
09/16/17 ネット72の雄次が今期2勝目 秋のマッチ1回戦4試合  
21名が参加した9月3週の週例会。久しぶりのレオパレスは以前のメジャー仕様のセッティングが一変、ラフは広く短く刈り込まれ、グリーン周りもボールが浮いて寄せ易くなり大きく難易度を下げていた。それでも満額3人を含む7位から13人が罰金となる中、ネット74に小川と服部が並び服部が3位。2位は前週優勝の藤井が好調を維持しネット73で2位。優勝はネット72の雄次。37パットとグリーンで苦しみながら最終ホールでバーディーを奪いコース自己ベストにあと1打に迫るグロス88、ネット72で今期2勝目を挙げました。
青木対小石川は初出場の小石川が青木の乱調に助けられ3&2で初戦を白星スタート。同じく初出場の椛沢対黒岩は満額ハンデ同士の一戦。本当は6&5で早々に決着がついていたのに気づかず、3&1の申告で黒岩の勝利。坂根対森本は終盤パーを並べた坂根が2&1で逆転勝利。雄次対古山は中盤から雄次の一方的な展開となり5&3で雄次が勝利。4番人気の古山はBBになるほど精彩を欠き、1回戦敗退となった。