Mar. 02
神野が自己ベストネット67で優勝
3月最初の週例会がファイネストで行われ14名が参加しました。乾季のコンディションが続く中、この日も罰金は僅かに3人で合計$9。前週ただ一人罰金だった金森は25パットのネット72で惜しくも4位。26パットの青木が40/40の80で同ネット72の3位。40/38の78で同ネット72の2位は藤井。後続に5打差のネット67で優勝したのは神野。去年8月のスターツではハンデ12と三役入りも期待されたが、その後はズルズルと後退しこの日のindexは自己最多の17.6でハンデ18。これ以上の出費はご免と奮起し、1年ぶりのグロス85で見事優勝です。
このハンデならマッチはチャンス 神野会員
マッチ2回戦2試合 青木と藤井が初戦突破 青木vs長谷川はハンデ差1枚のほぼガチンコ寄せパット対決。前半は両者共に15パットでグロス40と譲らずハンデの差で長谷川が1アップのリード。しかしウエストに入り1番で長谷川が3パットをすると流れが変わり、続く2番ではトリ、3番ボギーで一気に青木が2アップのリード。7番では長谷川が起死回生のチップインバーディーかと思われたがボールはピンに弾かれ惜しくもパー。ドーミーとなった8番は見事1オンの青木に対し長谷川はバンカーに入れてしまい試合終了。3&1で今大会初戦の青木が神野の待つ3回戦へ。
藤井vs柴垣はハンデ差7枚の飛ばし屋対決。しぶとくパットを決める柴垣が11番まで5つのハンデホールを全て取って2アップのリード。しかし14番で初めてハンデホールを落とすと15番も落としついに1ダウン。最後のハンデホール16番も取ることができずこれで終わりかと思われたが、17番で起死回生のニアピンを取りイーブンで最終ホールへ。ティーショットは共にセンターど真ん中。しかし先に打った柴垣のセカンドは無情にも右バンカーへ。3打目はグリーンをオーバーし試合終了。最後まで息詰まる接戦は1アップでこちらも今大会初戦の藤井が野口の待つ3回戦へ駒を進めた。