Welcome to Guam TSUKUMO-KAI Golf Club web site
1990年創立
Constitution Chairperson Members Tournament Ranking Match Play Monthy MVP M.V.P Champions
ネット68の小川が2年ぶりの優勝
久しぶりの快晴の下、18名がタロフォフォに集まった10月21日の週例会。この日の優勝争いはコマッタマッチを戦った小川と森本の2人。前半はどちらもパーが一つずつでダボとトリプルの応酬。ところが後半に入るといきなり小川が3連続パー。すると森本も2連続パーで応戦し両者イーブンのまま最終ホールへ。最後は森本がパーで締め、マッチは森本が1アップで勝利。森本のグロスは自己ベストにあと1打に迫る100、オリジナルネットと67であったが、調整のためネット72で2週連続の2位。代わって優勝したのはマッチに敗れた小川。ネット68の好スコアでなんと2年ぶりの優勝を手にしました。

写真にポインターを乗せると別の写真が見れます

画面が更新されてない場合はCTRLを押しならが
ブラウザーの更新ボタンをクリック!


10/22 週例会結果・月間MVP

10月の会場
7日 14日 21日 28日
MGC TGC TGC SGR
優勝者/月例優勝者月間MVP
マッチ2回戦2試合 ベスト8出揃う
貴之対小石川の実力者同士の2回戦。共に硬さの見える前半は43対46とピリッとしない内容で貴之の1アップ。後半に入ると5ホールでパー4つの貴之に対し小石川は10番で9を叩くなど調子が上がらず、15番で早くも貴之がドーミーホールを迎えた。ここは小石川がパーを奪い意地を見せたが、続く16番は両者共にパーを奪い試合終了。後半40と立ち直った貴之がタロフォフォではワーストの91を叩いた小石川を3&2で下し、野口の待つ3回戦へ駒を進めた。2回戦最後の試合は金渕対長谷川。ハンデ差19で長谷川も苦戦するかと思われたが、いきなり9打から発進した金渕が前半なんと62を叩く大乱調。
マッチの様子はこちら
決して調子の良くない長谷川が8ホールで5アップとしそのまま楽勝かと思われた。ところが9番・10番を連続ボギーとした金渕は11番でこの日初のパー。12番もボギーとし4連続アップ。あっという間に1ダウンに迫るとその後もまるで別人のようにボギーを取りまくり、逆にパーが取れない長谷川は15・16番を落としてついに金渕が1アップと逆転した。難しい17番、長谷川は寄せワンで辛うじてパーを広いイーブンで最終ホールへ。引分けでは勝てない長谷川はセカンドを残り150ヤードのバンカーに入れてしまい大ピンチ。大逆転負けを喰らうのかと思われたが、そこから渾身のパーオンに成功。一方これを見た金渕。ボギーなら逆転勝利のはずが4打目をシャンクしバンカーへ入れ万事休す。手に汗握る泥試合は長谷川が1アップで勝利した。
信じられないマッチのルール
Jan. 坂根、慎太郎、服部、柴田/藤井
Feb. 比嘉、関根、蔦木、新崎/新崎
Mar. 巨樹、柴田、中止、雄次/雄次
Apr. 黒岩、柴田、森本、服部、/青木
May. 古山、伊藤、松浦、野口/野口
Jun. 金森、貴之、金森、金森/金森
Jul. 徹、鳥越、徹、熊谷、橋本/
Aug. 古山、多香子、慎太郎、古山/古山
Sep. 坂根、藤井、雄次、金渕、慎太郎/藤井
Oct. 比嘉、金森、小川
 
*****   日本では台風接近のため男子・女子共に最終日は競技中止となった日本のゴルフ。 グアムも金・土は久しぶりに晴天となったが、今週はまたも雨模様。誰か何とかしてくれい。  次週は雨に強いスターツで月例会。  そしてベスト8の対決に注目!!   *****
会員専用ページ Event 過去の記事 ルールBook Links Photos
九十九会へのお問い合わせ
Copyright (c) 2002-2006 Guam Tsukumo-kai Golf Club All rights reserved.