Welcome to Guam TSUKUMO-KAI Golf Club web site
1990年創立
Constitution Chairperson Members Tournament Ranking Match Play Monthy MVP M.V.P Champions

橋本が自己ベストの78をマークし今季初優勝
ウッズ復活優勝の余韻がさめない4/20タロフォフォでの週例会に21名が集まり、7位のネットが71という激戦が繰り広げられた。今期3度目のグロス92でネット69の関根が4位。2年ぶりとなるグロス85で同じくネット69の柴田が今期初優勝かと思われたが3週連続ベスト3の3位。5年ぶりとなるグロス91でネット67の金渕が今期初優勝かと思われたが、今期2度目の2位。ネット64で優勝したのは橋本。前週のマンギラオでは104を叩いたが、この日のグロスは九十九では初めて80の壁を破る自己ベストの78。2位金渕の調整にも助けられ、今期初優勝です。

ウラは2008年 橋本会員

画面が更新されてない場合はCTRLを押しならが
ブラウザーの更新ボタンをクリック!


4/22 週例会結果、月間MVP

2019年 4月の会場
6日 13日 20日 27日
SGR MGC TGC TGC
優勝者/月例優勝者月間MVP
古馬健在!! 金渕・柴田がベスト4進出
橋本・権藤と優勝候補を連破した金渕が、初の3回戦へ駒を進めた康充と対戦。最近好調の金渕は前半ダボを一つだけに抑えて康充と同グロスの44。一方の康充は前週マンギラオで慎太郎を破ったキレがなく、2番から6ホール連続で金渕がアップ。9番でやっと一つ康充が返したが、金渕の5アップで折り返した。後半に入っても金渕は10番・11番と連続パー。12番が早くもドーミーとなり、ここでボギーの金渕が3連続アップであっけなく8&6の大差をつけ勝利。4年ぶりのベスト4入りを果たした。
もう一つの3回戦は金渕と同様に好調が続く柴田と伸び盛り吉田の一戦。3連続パーで発進した柴田がそのまま5番まで連続でアップ。こちらも大差がつくかと思われたが、吉田は9番でバーディー奪うなど3つ返して柴田の2アップで折り返した。後半に入ると息詰る展開となり、13・14番を連取した吉田がついに1ダウンに迫る。しかしここから柴田が3連続でパーを奪い最終ホールを残して3&1で勝利。2年ぶりのベスト4へ駒を進めた。最後の2回戦、青木対大下はバーディー発進の大下が3&2で青木を下し、藤崎の待つ3回戦へ駒を進めた。
JAN. 権藤、松浦、徹、権藤/権藤
FEB. 関根、拓也、権藤、フセイン/関根
MAR. 新崎、青木、松浦、服部、慎太郎/慎太郎
APR. 藤井、金森、橋本

義捐金王レース

マッチの様子はこちら
 
*****  青木・吉田の敗戦により、ついに有効○券を持っているのは藤井唯1人に。ウッズの11年ぶりのマスターズ優勝を凌ぐ、金渕の16年ぶりのマッチ優勝はあるか?  次週はタロフォフォで月例です。   *****
会員専用ページ Event 過去の記事 ルールBook Links Photos
九十九会へのお問い合わせ
Copyright (c) 2002-2006 Guam Tsukumo-kai Golf Club All rights reserved.